自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

写メール  

先日、妹から送られてきた写メールは、
姪っ子達が、ピアノの発表会で姉妹連弾した時のもの。

連弾
 (左側に写っているのは、譜めくり担当の大学生)

姪っ子達が弾いた曲は、『千の風になって』。
昨年亡くなった祖母が大好きだった曲です。
お葬式の時も皆でこの曲を歌って送りました。

祖母と姪っ子達は、とっても仲良しでした。
学校から帰ってきたら、その日あったことを話すのは、もちろん、
最期の数ヶ月は、毎日一緒にお風呂に入り、
2人が毎日交代で、祖母と一緒に寝ていました。
 
この日の演奏はきっと祖母に届いていると思うよ。

*****

今年の夏も、昨年(→ )に引き続き、
いとこ同士が集まり、バーベキューをすることができました。 
会場は、主がいなくなった祖父母の家のバルコニー。

バーベキュー
昨年は、バーベキューをしながら、何度も涙ぐんでしまったけれど、
今年は、祖父母に見守られているという安心感でいっぱいでした☆

category: 家族に関するひとコマ

tb: 0   cm: --

悩んだお土産  

帰省時のお土産選びは、ちょっとした楽しみ♪
でも、今回かなり頭を悩ませたのは、夫の姪っ子へのお土産。

”消えモノ”の方がいいかなと思ったけれど、なかなか思い付かなくて、
色々考えた末、結局、洋服に。 義妹に内緒で、義母にサイズを聞きました。

子ども服は、見てるだけで可愛くて自然に笑顔になってしまうけれど、
誰かのために選ぶとなると、とても難しい ><
以前会った時は、まだ4ヶ月で、ほとんど寝ている状態だったので、
2歳近い今、どんな服が似合うのか、なかなかイメージがわかず・・・

子ども服
重ね着もできそうな青の水玉のノースリーブのブラウス、
裾に白い花柄の刺繍があるグレーのズボンと、裾にレースがついた白のカットソー。
結局、私目線の私好みの服しか選ぶことができませんでした。

女の子が好きなピンクとは全く違う色味なので、ドキドキしながら渡したら、
義妹は、”この子は、ピンクの服とブルーの服を出して、どっちがいい?と聞いたら、
必ずブルーを選ぶよ~”と言って、喜んでくれました。 
偶然にも姪っ子はブルー系が好み! ホッとしました ^^

サイズが合わなくなるまで、着倒してくれたら嬉しいな。

category: 家族に関するひとコマ

朝勉と夜勉  

東京滞在中に、夏休みの宿題を終わらそうとしている甥っ子。
でも、勉強は好きじゃないから・・・ということで、 
勉強時間を朝と夜の2回に分けて、気分転換をはかる作戦でいくみたい。


朝勉
朝食後の朝勉が終わったら、時間を決めてゲームをしていいよと言っています。

夜勉
夕食とお風呂を済ませた後は、夜勉。
この日は、帰りの早かった夫がリビングで野球を見ていたので、寝室で。

お茶
夜勉の後は、ご褒美のアイスクリーム・・・の予定だったけれど、
夫がお土産にケーキを買ってきてくれていたので、3人で夜お茶♪
甥っ子は、大好きなモンブランをニコニコしながら、ほお張っていました。

学校の宿題が全部終わったら、約束通り、スカイツリーに行こうね!

category: 家族に関するひとコマ

tb: 0   cm: --

愛しの甥っ子  

大阪から甥っ子が遊びに来ました。
姪っ子2人は、ピアノの発表会が近いので、寂しいけれど、今回は断念・・・
京都駅でじいじに見送られ、小5の甥っ子、ひとりで東京へ。

新幹線
到着時間に東京駅まで迎えに行きました。
新幹線から降りてくる甥っ子を見て、肩をギューッと抱き、
頭をなでながら、”一人でよく来たね。頑張ったね!”と、
泣きそうになりながら言った私は、相当の伯母バカです ^^;
甥っ子は、満面の笑みでした。

リュック
半年以上ぶりに会う甥っ子は、大きくなっていてビックリ!
そのうち、私の背丈も越えるんだろうな。
東京で楽しい夏の思い出を沢山作ってね♪

category: 家族に関するひとコマ

tb: 0   cm: --

グリーンカレーでお別れ  

先日作ったグリーンカレー(→ )をとても気に入ってくれた妹。
もう一度食べたいとリクエストしてくれたので、最終日に一緒に作りました。

グリーンカレー
上に飾るバジルを省いてしまったけど、やっぱりあった方がよかった・・・
デザートは、料理教室で習った”ココナッツミルクと緑豆のチェー”。
緑豆あん1緑豆あん2
見えないけれど、中には、果物・タピオカの他に、緑豆のあんこが入ってます。


妹
一週間の滞在を終え、妹は大阪に帰って行きました。
”最後に写真撮って”と言ったので、パチリ。
最寄駅まで送って行き、互いに何度も振り返りながら別れました。
妹も私も涙目でした。 次会えるのは、いつかな・・・

category: 家族に関するひとコマ

喋って作って  

昨日は、近くのスーパーに買い物に行っただけで、
後は、妹と喋ったり、ごはんを作ったりした1日でした。

朝ご飯
ブランチ。 妹と一緒に用意したのであっという間にできました。


付けまつげ
スーパーからの帰り道、ドラッグストアに寄って、
付けまつげを愛用している妹に影響され、
私も買ってみたけど、上手く付けるには、練習が必要だわ・・・


夜ご飯
夜は今夏初めての冷やし中華。 スティックセロリもいっぱい食べました。
夫にはNGメニューなので、別メニューの焼き魚を準備しました。

妹と一緒に台所に立ち、色々な料理の情報交換ができるのも楽しい♪

category: 家族に関するひとコマ

tb: 0   cm: --

あんみつ  

楽しみにしている日経新聞の土曜版。

日経
毎週気になる”何でもランキング”、昨日は『あんみつ』でした。
その中に、私が大好きなあんみつ屋が2店ありました。


1つが”京はやしや”。 京都で過ごした学生時代に知ったお店。
あんみつ1
東京に来るまでは、京都に行けば、必ずといっていいほど立ち寄っていました。
京阪電車を降り、鴨川を眺め、学生時代の自分に思いをはせながら、
ゆっくり三条大橋を渡り、お店に向かって歩いていく・・・
東京にも沢山店舗ができたけど、私の中では、京都三条店が一番☆


そして、もう1つは”船橋屋”。 東京に来てから知ったお店。
あんみつ2
初めて食べた時、美味しいなぁと思ったので、その年の敬老の日は、
このあんみつを祖母に贈ろうと決めていました。祖母もあんみつが好きでした。
凄く喜んでくれたので、次の年の敬老の日も、同じものを贈りました。

昨年の1月、骨折で3週間入院し、すっかり元気になって退院した祖母のお祝いに
あんみつを贈ろうかなぁと一瞬考えたのに、夏に帰るからその時のお土産にしよう、
そう思いなおしてしまった馬鹿な私。 祖母は2ヵ月後に亡くなりました。
お葬式が終わった後、祖母の家に行き、何気なく冷蔵庫を開けると、
船橋屋のあんみつの容器があり、その中にお味噌が入っていました。
それを見た私は声をあげて泣きました。

船橋屋のあんみつを見かけると、ギューと心が痛むと同時に
”何であの時贈らなかったんだろう”という後悔の波が押し寄せてきます。
祖母との思い出が沢山つまった大好きなあんみつ…そう思える日は来るのかな。

category: 家族に関するひとコマ

tb: 0   cm: --

嬉しかったホワイトデー  

ホワイトデー1
ホワイトデーの前日、帰宅した夫の手にはケーキとブーケ・・・!
”サプライズ”とは対極の世界にいる夫なので、嬉しくて泣けました。

ホワイトデー2
日付が変わるのを待って、一緒にケーキを食べました。


ホワイトデー3
夫から花をもらったのは初めて。 長持ちしますように・・・

category: 家族に関するひとコマ

小さいチョコレート  

ここ数ヶ月仕事が忙しく、日付が変わってから帰宅することが多い夫。
14日も帰りは遅いだろうし、週末にケーキでも焼こうかなと思っていたら、
結局、先週末は土日とも出勤になってしまい、帰りはやっぱり午前様。

VD
なので、V.D.の今日は、いつも会社に持って行くおやつ袋の中に
チョコレートを忍ばせておきました。3個入りの小さなチョコだけど…

category: 家族に関するひとコマ

出会い  

4年前の今日、夫と私は出会いました。

前日、妹から電話がかかってきました。
”今、数年ぶりに中学の時の友達と会ってるねん。
大学時代の友達を紹介するって言ってるけど、明日空いてる?”
同じ日、夫も友人から電話があったそうで、
夫は、偶然にもその日の夜、大阪に帰省する予定だったとのこと。
次の日、夫の友人・私の妹・夫・私の4人で会うことになりました。

私から見た夫の第一印象は、”存在感の薄い大人しい人”で、「ビビビッ」どころか、
私の好みのタイプとはかけ離れている上に東京在住!絶対ナイな…でした。

夫から見た私の第一印象は、”地味な人”。
食事を分ける時に、嫌いな野菜を聞いてから、
私が取り分けたことが嬉しかったらしく、優しいなと思ったとのこと。
私は、覚えてないけれど・・・

あの日限りのはずが、夫の友人と妹の取り計らいで、
その後も縁が繋がり、今に至ります。

思えば、私にとって夫はとても不思議な人でした。
ドキドキしたこともなければ、”すごく会いたい”と思ったこともありません。
でも、夫は恋愛感情に勝る、大きな心の安らぎを私にくれました。

靴
一緒に暮らしてまだ3年足らずだけど、この人で良かったなぁって、
日ごとに、じわじわ感じる、まるで、だし昆布のような人です。

今年は、夫の仕事の都合で、帰省できず、ちょっと寂しいけれど、
夫と出会えたことに改めて感謝しながら、2人で静かに新年を迎えようと思います。

category: 家族に関するひとコマ

tb: 0   cm: 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。