自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

抗菌まな板 パルト  

まな板をずっと探し求めていました。
理想は木のまな板だけど、しっかり管理する自信がなく、
消耗品と割り切って、プラスチックのものを使っていました。

夏前に、主婦暦20年以上の友人宅にお邪魔した時、
”10年以上愛用している”と教えてもらったのが、『抗菌まな板 パルト』。
気軽に手を出せる値段ではなかったので、かなり悩みましたが、
先月、パルシステムで偶然扱っていたので、思い切って購入しました。

まな板1
材質は、ポリエチレン・ポリプロピレン・合成ゴムだけど、
友人が言っていた様に、包丁のあたりは木に似ていて、やわらかい。

まな板2
キズや色移りが気になってきたら、付属の研磨シートでこすると、
きれいになるというのが大きな特徴で、私が惹かれたのはココ!


まな板3
2週間以上使って、キズと色移りが気になってきたので、こすってみました。
  ↓
まな板4
けっこう力を入れて、30秒~1分くらいこすると、こんな感じになりました。

深いキズや色移りが消えるのは、すっきりして快適だけど、
これって、表面を削ってるってことだし、ずっと先は、どんな風になるんだろう??
使って1ヶ月・・・もちろん、大事に使っていくつもりだけど、
今の時点では、このまな板の値段分の良さを実感できていない私 ^^;

category: キッチン道具・食器

勧めたモノと勧められたモノ  

妹の滞在中、調理器具の話でも盛り上がりました。
互いに勧め合った調理道具は・・・

計量カップ
私が勧めた小さい軽量カップ。
大さじ3・小さじ5までを一気に量れるのがすごく便利!
大阪でも探せば売ってるはずだけど、妹は東京で即買いしていました。


調理トレー
妹に勧められたトレーと泡だて器。
泡だて器
泡だて器はミニサイズ。

今までは、切った食材などはお皿に置いていたけれど、
トレーは軽いし、淵の立ち上がりも浅いので、使いやすい。
ミニ泡だて器は、たれやドレッシングを混ぜたり、味噌を溶く時に。
泡だて器を味噌の中に入れてクルッと回して取り、そのまま味噌汁の中で溶かす。
しかも、ナチュラルキッチンで買ったので、計300円。

モノを必要以上には増やしたくないけれど、
毎日の台所仕事をよりスムーズにしてくれる道具は、やっぱり魅力的☆

category: キッチン道具・食器

tb: 0   cm: 6

新しいミルクパン  

3年間愛用していたミルクパンを買い換えました。

色は漂白すると、かなりきれいにはなるけれど、
琺瑯がはがれた状態で調理するのが、ちょっと気になってきたので。
うっかりして、何度か空焚きしてしまった私が悪いんだけど。

古ミルクパン1古ミルクパン2
このミルクパン、東京に来た頃、アフタヌーンティーで買ったもの。
かなり迷いながら買ったけど、うちにあるお鍋の中で一番よく使いました。
お湯を沸かす、お味噌汁などの汁物を作る、プリンやゼリーを作る、
ほぼ毎日どころか、1日2~3回使うことも、しょっちゅう。


新ミルクパン1
新しいミルクパンは、”富士ホーロー”のもの。

目盛り
野田琺瑯の”月兎印ミルクパン”と最後まで迷ったけれど、
決め手は”富士ホーロー”のミルクパンにある目盛り☆
今まで使っていたものにも、目盛りがあって、コレが凄く便利だったから。

ミルクパン比較
新しく買ったものの方が取っ手が少し短いです。

新ミルクパン2
奥の一番小さなコンロで使うので、取っ手が短い方が私には都合がいい。
端の方を持てば、取っ手の熱さはそんなに気になりません。

新ミルクパン3
今度は、焦がしたりせず、きれいな状態で、できるだけ長く使えるようにしよう!!

category: キッチン道具・食器

tb: 0   cm: 8

レンタル中の鍋  

先日、マンションの友人と炊飯器の話題になりました。
”炊飯器もいいけれど、お鍋でご飯を炊くのもいいなと思ってて、
野田琺瑯の黒いお鍋が気になってる”と話したところ、
友人が”私、そのお鍋持ってるよ。でも全然使ってないから、
良かったら試しに使ってみて”と言って、貸してくれました。

KAMADO1KAMADO2
”野田琺瑯のCO-KAMADO”。そうコレ!! 
鋳物琺瑯でずっしりした重さがあります。

KAMADO3
早速、ご飯を炊いてみました。 凄く簡単!
浸水時間を入れなければ、30分で炊き上がり。
私が今使っている炊飯器よりもずっと美味しいご飯が炊けました。
ちょっと重いから洗うのが大変だけど、このお鍋、かなり惹かれる・・・

category: キッチン道具・食器

tb: 0   cm: 8

欠かせない小道具  

毎日の台所仕事になくてはならない2つの小さな道具。

キッチンタイマー
①無印のキッチンタイマー。
お米の浸水、お茶を沸かす、パスタや卵を茹でる時と、毎日大活躍!
浴室の乾燥機を使う時も、これで時間を計り、洗濯物をローテーション。

カッターナイフ
②小さめのカッターナイフ。
年期入りで汚れているけど、様々な食品の袋を開ける時にとても便利!


貼り付け場所
2つとも、裏に磁石が付いているので、使いやすい場所にピタッと貼り付けています。

category: キッチン道具・食器

tb: 0   cm: 6

ターナーの手入れ  

昨年の秋に買った、”オリーブの木のターナー”。
表面が白っぽくなってきていたので、そろそろ手入れを・・・

ターナー手入れ
手入れといっても、少量のオリーブオイルを染み込ませるだけ。
私はティッシュペーパーを使って、オイルを塗っていきました。
すぐに浸透するので、思っていたよりは多めにオリーブオイルを使う印象。

B2B3
 ↓
A2A3
写真ではわかりにくいけれど、木目がさらにはっきりわかるようになって、
木独特のしっとりした手触りが戻ってきた感じになりました。


ターナー手入れ2
換気扇のフード部分に引っ掛けて、乾かしてます。
お手入れをして、ますます愛着がわいたターナー♪
次回は、もう少し早めにメンテナンスしたいな。

category: キッチン道具・食器

tb: 0   cm: 8

マグカップ集合  

うちにあるマグカップ。
マグ
私が1人暮らしの時から使っていたマグカップ(→)もあったけれど、
中が黒ずんできたことと収納場所の関係で、少し前に思い切って処分しました。

マグブルー
2人家族にしては、ちょっと多すぎだけど、
自分達で買ったのは、これ一組。(買った時の記事→


後は、全て結婚祝いとして頂いたもので、
”好みのデザイン?”と聞かれると、100%でYESとは言えないけど、
色々と考えて選んでもらった時間や気持ちを想うと、とても嬉しいし、
これからもずっと大事にしていきたいマグカップたち☆

私の中では、”食器を大事にする=どんどん使う”なので
持ってる食器のどれと合わすと素敵かなぁと考えるのも楽しい♪
マグ木1マグ木2
マグT1マグT2
マグ赤マグ黒

このマグは容量たっぷりなので、カフェオレやココアを飲む時に。
マグ1


昨年の今頃、親や妹、親戚はもちろんのこと、
沢山の友人達も、”地震、大丈夫だった?”と連絡をくれました。
本当に嬉しかったし、ありがたかった。
多くの人に支えられて生きているんだと改めて感じました。
写真風
私もできる限り、”想い”は言葉や行動で伝えよう・・・
マグカップを手にしながら、そんなことを思いました。

category: キッチン道具・食器

tb: 0   cm: 8

新しい汁椀  

平均週5日は、お味噌汁を食卓に出す私。
でも、お味噌汁のお椀は、これ一種類。

旧椀1
しかも、私が1人暮らしをしていた時に使っていたものなので、
かれこれもう8年・・・塗りも一部はげている状態。

旧椀2
形もいびつになり、上の方はヒビ入り!
買い換えたいと思いながらも、
欲しい汁椀のイメージがなかなか定まらず・・・


そんな中、見つけたのが、この汁椀。
新椀1
薄っすら木目が見える風合いと、外側に少し反った形が気に入った点。
そして、会津若松で古くからお椀を作っている業者さんに依頼して
作ってもらったという商品説明も、決め手の1つになった。
東京に来て初めての夏、福島に1泊旅行した際に訪れた
”うるし美術博物館”が、とても楽しかったのを思い出したから。

比較1比較2
今までのものより、容量はほんの少し大きくなったかな。
どっちにしろ、具沢山のお味噌汁が充分楽しめる大きさ。


新椀2
これから長い付き合いになりそうだし、大事に使っていこう♪
でも、酷使されるのは間違いないだろうから、
もう一種類くらい素敵な汁椀との出合いがあるといいな。

category: キッチン道具・食器

菜箸  

”ダブルエンボスばし”を菜箸として使っています。
この案は、半年くらい前にブロ友さんから教えてもらったもの。

竹製の菜箸は先がすぐ黒っぽくなってしまう上に、
一般的な菜箸の30cmという長さは、私にとって長くてちょっと使いにくいなぁと
ずっと感じていたので、すぐに”ダブルエンボスばし”を購入してみました。

黒箸1
色は、白・黒・茶の3色。 キッチン用品は基本白と決めてるけれど、
菜箸として使うなら、色移りの心配があるかも…と思い、黒を選択。
長さが豊富で凄く迷ったけれど、和えたり、混ぜたりする時用に25cmを3本、
油が飛びそうな炒め物や深めの鍋での煮物用として、27cmを2本にしました。

黒箸2
箸先がダブルエンボス加工になっています。
半年近く毎日フル回転で使っているけれど、
傷んだ感じがほとんどしないところが嬉しい。


黒箸3
2週間程前の日経新聞『プラス1』でも、紹介されていました。
私は、ちょっと違った用途で使っているけれど・・・

黒箸4
最初手にした時は、菜箸として使うにはちょっと重い?と思ったけれど、
すぐに慣れました。 ダメになったとしても、又同じ物を買う気満々~♪

category: キッチン道具・食器

tb: 0   cm: 2

fogリネンの買い足し  

fogリネンを愛用しています。
食洗機には入れられない鍋類や手洗いしたい食器を拭くのに使っています。
引越してきてすぐ2枚購入したけど、ちょっと洗濯が忙しいので、
いずれ買い足して、計4枚にしようと思っていました。

fogリネン1
麻100%の厚地タイプ。色はナチュラル。
キッチンのアクセント色は青系にしているので、ブルーのライン入りを選択。
最初は、硬くてゴワゴワしているけど、使って洗濯を繰り返していくうちに
少しずつ少しずつ、柔らかい手触りになっていく。

fogリネン2
3年近く使っているリネンは、随分縮んで、かなり色あせしたけど、
手触り、吸水、乾き具合、どれをとっても申し分ない♪
もちろん、これから先も、まだまだ使うつもり!
新しいリネンが、どんな風になっていくのか凄く楽しみ。


fogリネン3
付いているループを利用して食器棚に引っ掛け、
食器を拭く時に取るというスタイル。
後ろのダンボールの中身は、無印の土鍋。
冬は週末、お鍋にすることが多いので、ここに置いていて、
お鍋の季節が終わったら、納戸(→)に収納。

fogリネン4
リネンは軽いので、フックは吸盤タイプ。
3年近く使ってるけれど、落ちてきたことはないです。

category: キッチン道具・食器

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。