自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

北海道旅行2日目 ~ 旭山動物園  

2日目は、夫も私も行ってみたかった旭山動物園へ。
晴れを期待したけれど、天気予報通りお天気は悪く、みぞれが降っていました。

朝
1日目は早起きして家を出たため、今日はギリギリまで寝たかったので、
朝食は、前日に買ったコンビニのおにぎりで簡単に済ませました ^^
8時45分ホテル発の旭山動物園行き専用バス「ハッピーライナー号」(有料)で出発。

動物園
動物園に着くと・・・ まさかの積雪! 雪もちらついていました ><
あちこちで、係りの人が雪かきをしていました。

鳥
雪に関わらず、冬期は展示されていない動物が多い様。 動物達も寒いしね・・・ 
カピバラもいるみたいだけど、こちらも夏期だけの展示とのこと。 仕方ないね・・・

積雪
エミューのからだのヒミツ、雪が積もっていて開けられません・・・

オラウータン1
これはテレビで見たことある、オランウータンの空中散歩じゃないかな?
でも、隣のオランウータン舎を見ても、オランウータンがいません。
オランウータンはどこ?

オラウータン2
・・・・・・・・・ ><
考えてみたら、熱帯雨林に住む動物だから、この寒さは堪えるはず。

オラウータン3
おらんうーたん館にいました! 室内も楽しく遊べそうな感じになっています。
が、オランウータンほとんど動いてくれません。
20分近く待ってみたけれど、結局根負けして出てきてしまいました ^^;

オラウータン4
この看板、今日はおらんうーたん館の片隅に置かれていました。
私達がいる間は、数人の人が入ってきただけで、後は貸切り?状態でした。

パーム油
その分、この様な看板をじっくり読むことができました。
園内には、飼育担当者が手書きで作った看板が、あちこちにあります。
行間からは、動物達への優しいまなざしを感じることができました。

旭山動物園は、”もぐもぐタイム(エサの時間)”が目玉の一つでなので、
入園時にこちらの時間を確認し、もぐもぐタイムを追う形で回りました。

ペンギン1
この日の最初の”もぐもぐタイム”は、ペンギン。

ペンギン2
”もぐもぐタイム”では、飼育担当者の方がエサを与えながら、
動物の行動や習性についてわかりやすく説明をしてくれます。
どの”もぐもぐタイム”でも、必ず、その動物を取り巻く環境問題に触れていたのが印象的でした。
有名な「ペンギンの散歩」は、冬限定のイベントで、毎年12月中旬から始まるそう。

白クマ1
この寒むさのお陰?! 北極グマが活発に動き回っていました。
ありがとう! 白クマさん *^^*

白クマ2
半球状の透明なドームから、エサとなる「アザラシの視線」を体験できます。
ドームから見た北極グマは、思っていた以上の迫力で、ちょっと怖かった。

白クマ3
この日の来園者はとても少なかったそうですが、この人の集まり具合をみると、
北極グマの”もぐもぐタイム”が、いかに人気があるのかが、よくわかります。
撮影はOKだけど、フラッシュは厳禁。 動物の目を痛めるからです。

白クマ4
エサが水中に投げられると、一瞬で飛び込みます。 白い毛並みがとってもきれい。

白クマ5
息苦しかったのか、ブッハーと大きな声を出していました。
北極グマの可愛さにすっかり魅了されました ♪

あざらし1
次は、アザラシの”もぐもぐタイム”。

あざらし2
テレビで見たことのある円柱水槽は、あざらし館にありました!
アザラシは、この円柱水槽を頻繁に通ってくれるけれど、
とにかく泳ぐのが速いので、一瞬で消えていってしまいます。

あざらし3
こんな楽しい手書き看板もあります。 アザラシの毛はバリバリしていました。

この後、すぐ近くの食堂でお昼ご飯。
少し休憩して、冷えた身体を温めました。

カバ1
カバも寒さのため、室内で展示されていました。
カバ2
この子は、旭子ちゃんだと、係りの人が教えてくれました。
”目がくりくりとして・・・”、うん、確かにそんな感じがするかも。
看板を見てから、さらにカバをよく見ると、又違った点に気付くことができます。

カバ3
かば館では、色々なアングルでカバが観察できる工夫がされています。
旭子ちゃんは、もう一頭の百吉君と比べると、大人しめで、あまり
動き回らないそうです。 でもカバを下から見たことはなかったので、
10分程待っていたら、アクリルガラスの部分に前足だけを出してくれました。
ありがとう! 旭子ちゃん *^^*

他
お馴染みの動物達も、上や下、横といった様々な方向から見れる様になっています。
違ったアングルから見る動物達の姿には、それぞれに又異なる魅力がありました。

いつもの毎日もきっとそう!
私は思い込みの激しいタイプ ^^;で、一方的に決め付けてしまう事も多いので、
迷ったり悩んだりする時程、色々な角度から、物事をゆっくり見るように努めよう。
そんな事を動物から学んだ気がしました ^^

レッサーパンダ
一番最後に見たのは、レッサーパンダ。
吊り橋を何回も行き来してくれる大サービス ♪
今まで何度もレッサーパンダを見たことはあるけれど、
レッサーパンダの前から、なかなか離れられなかったのは、初めてでした。

旭山動物園は、
「それぞれの動物らしさを引き出し、それを見る私達が動物の可愛さや素晴らしさを知る。
そして、動物達を取り巻く厳しい現状を知ることにより、さらにもう一歩踏み出し、
人間と動物が共存する地球環境のことを少しでも考えてみて欲しい・・・」
そんな強い思いが、随所から伝わってくる動物園だなぁと思いました。
又いつか行けるといいな ^^


帰りは、市バスでホテルまで戻り、預けていた荷物を受け取り、
JR旭川駅から高速バスで2時間かけて札幌へ。 車内では爆睡 ^^

移動
札幌のホテルで、少し休憩してから、夕食を食べに出かけました。

以前テレビで見て気になっていたお店、すすきのにある居酒屋”はちきょう”。
本店は既に予約でいっぱいだったので、別亭”おやじ”の方へ。 凄く活気のあるお店です。

夕食
わさびに漬けたとびっこを混ぜたポテトサラダが珍しくて気に入りました。

夕食2
ここのお店の名物は、店員さん全員の「おいさー、おいさー」の掛け声と共に、
羅臼産のいくらをこぼれる程、盛り付けてくれる”つっこ飯”。
ほとんどの人がこの”つっこ飯”を頼みますが、その際、店員さんから、
「過酷な労働条件で働く漁師さんのことを考えると、食材を大切にしたいので、
お米一粒たりとも、残さないで下さい。ご理解して頂けますか」と聞かれ、
了承したら、注文を受けてもらえるという形になっています。

食べたもの全てがとても美味しくて満足したのですが、どちらかというと、
財布の紐がゆるみがちな観光客向けのお店だなぁと感じました ^^


お茶
この日の北海道はかなり寒くなると、週間天気予報で言っていたので、
念のためにと思い、水筒とお茶のティーバッグを持って行っていました。
部屋にポットがあったので、お茶を作って動物園に持って行きました。
予想以上に寒かったので、この熱いお茶にかなり助けられました *^^*

関連記事

category: 旅行

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。