自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ファッション迷走中③~好きな色は似合わない色だった ><  

私が受けた”フォーシーズン法”と言われるパーソナルカラー診断は、
似合う色を春タイプ・夏タイプ・秋タイプ・冬タイプの4つのカラータイプに分類するもので、
具体的には、各シーズンの色の布を何枚も顔のすぐ近くにあて、より肌の透明感が出たり、
より生き生きとして見えるのは、どのシーズンの物なのかをチェックしていくというやり方です。
私が受けたところは、似合うシーズンがわかったら、そのシーズンの中でも
特に似合うベストカラーというものを何色か教えてくれました。

最初に、”フォーシーズン法”の簡単な説明とアンケート記入がありました。
アンケートの、”好きな色は?”の問いに”紺・グレー・ブルー系”、”苦手な色は?”の問いに
”ベージュと茶系(小物としてなら好き)”と、迷うことなく答えました。

説明を聞いていくうちに、私の好きな色は「夏タイプ」の色だということがわかっていき、
同時に20代の頃、化粧品カウンターで、”あなたは秋色のメイクが似合う”と言われた
忘れつつあった遠い記憶が急に蘇ってきて、何となく嫌な予感がしてきました。
予感的中・・・ 私のパーソナルカラーは、「秋」でした。
アンケートで苦手な色と書いた、茶やベージュは、実は、私に似合う色 ><
「春タイプ」とかなり迷われてい様だけど、私の好きな色が多い「夏タイプ」は
診断が始まって数分後には候補から外されていました ><

一般的に、「春・秋」タイプは、黄みを含んだ暖かいイエローベースと言われるグループの色が、
「夏・冬」タイプは、青みを多く含んだ涼しげなブルーベースと言われるグループの色が、似合うそう。
さらに、イエローベースと言われる色グループの中で、明度の高い色が似合う人が「春」、
イエローベースと言われる色グループの中で、明度の低い色が似合う人が「秋」、
ブルーベースと言われる色グループの中で、明度の高い色が似合う人が、「夏」、
ブルーベースと言われる色グループの中で、明度の低い色が似合う人が「冬」と、いう事だそう。

つまり、私は、”ベースカラー”という点から見ても、”色の明度”という点から見ても
自分に似合う色とは、全く逆の色が好きだったということになります。
”ほとんどの色には、春夏秋冬の4タイプがあるから(赤でも色々な赤があるように)、
自分は○タイプだからといって、○色が似合わない”ということではないそうですが、
「秋」が、特に苦手とする色味は、私の大好きな色がたくさんある「夏」・・・

診断を受ける前は、自分の好きな色が似合わなくても、それはそれで受け入れて、
身につける色が新たに増えたと思えばいいわ~なんて、軽く考えていたけれど、
実際そうなってみると、そんな前向きな気持ちには全くなれず、ショックの一言!

シルバー系かゴールド系、どちらのアクセサリー類が似合うかという診断もありました。
私は、シルバー・プラチナよりゴールドが似合い、キラキラ光るものよりマットなものがいいとのこと。
ちょっとキラキラしたシルバー系が大好きなのに、マットなゴールド系が似合うなんて ><
ダブルでショックを受けた感じでした・・・

当日の服
こちらは、当日着ていった服。
ラメ糸が入ったグレーのタートルに、ツィードのハーフコート、ブローチは
スワロフスキーのもの。 診断結果と照らし合わせると、全て私にはNG・・・

楽しみにしていた前日とは打って変わり、しょんぼりして帰途につきました。

---④へ続く---

関連記事

category: 服装

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://taffy1101.blog102.fc2.com/tb.php/562-a54f6d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。