自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ファッション迷走中⑦~骨格診断でわかったこと  

”骨格診断”とは、持って生まれた身体の質感(筋肉や脂肪の付き方)の特徴から、
似合う服の「素材」や「デザイン」を導き出すというもので、
痩せたり太ったりして体型が変わったとしても、骨格タイプは変わらないそうです。
こちらも、パーソナルカラー診断と同様、色々な分け方があるようですが、
私が調べた限りでは、以下の3つのタイプに分類されるパターンが一番多いようで、
私が受けた”骨格診断”もこちら。 3つのタイプを簡単に説明すると・・・

 ●「ストレート」タイプ : ハリのある素材、余計な装飾がないシンプルな定番スタイルが似合う
 ●「ウェーブ」タイプ : 柔らかい素材、ふわふわした印象の甘めのファッションが似合う
 ●「ナチュラル」タイプ : 洗いざらしの雰囲気の物や天然素材、ゆったりとしたカジュアルな着こなしが似合う

という感じです。 ”手首・胸元(鎖骨や胸板の辺り)・腰・膝”に触れてもらい、
3つのタイプのどれに属するのかを診断してもらい、その後、自分の骨格タイプに合う
「素材」や「デザイン」、「スタイル」を具体的に教えてもらうという流れでした。
タイプがミックスしている人もいるけれど、より強い特徴の方を重視するとのことでした。

私の好みは、デザイン・素材の両方からみても、断然、「ウェーブ」タイプだけど、
天然素材も大好きなので、カジュアルな場では、「ナチュラル」タイプの服を着ていました。
でも、結果は「ストレート」タイプ。 パーソナルカラー診断の結果に引き続き、又がっかり ><
一方で、”何を着てもパッとしないとか、年々似合う服が減っていってる”という感覚は、
自分の骨格タイプに合わない「素材」や「デザイン」の服ばかりを着ていたから?とも思いました。


数日後、”何かパッとしない”と感じる代表選手?を引っぱり出してみました。
ワンピース
私のパーソナルカラー「秋」色のワンピースなのに、夫に”老けてみえる”と不評だったもの ^^;
柔らかい素材・首が詰まり気味のデザイン・中途半端なスカート丈、小さめの柄・・・
全ての要素が「ストレート」タイプには、苦手とされているものでした!!

手持ち
どれも凄く気に入っている夏服。 でも、何かパッとしなかったり、太ってみえたり、
少しだらしなく見えたりして、ちょっとイマイチだなと感じながらも、愛用しているもの。
ふんわりしたギャザースカート・シフォン素材でフリル付きのブラウス・首が詰まった小花柄のブラウス・
レース付きのゆったりめのチュニックブラウス・麻素材のペプラムブラウス・・・
どれもことごとく、「ストレート」タイプは避けた方がいいと言われる「素材」や「デザイン」。

以前、妹に、”紺は似合わないのに、なぜか紺のトレンチは似合うね”と言われたのですが、
ハリのある素材やトレンチコートは、「ストレート」タイプが得意とするアイテムだと知り、
こちらも、自分なりに納得することができました。

全てのタイプの服を試した訳ではないし、あくまでも、自分比?!でしかないけれど、
”何か変、何かパッとしない”という原因が少しわかったような気がしたので、
”骨格診断”を受けて、本当によかったなぁと思いました。
後は、”自分に似合うとされる色やデザイン”と”自分の好み”とのバランスをどう考えるか。
自分の好みと似合うものが、全く違う私にとって、ここが一番の悩みどころだと思いました。

---⑧へ続く---

スポンサーサイト

category: 服装

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。