自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

住宅ローンの借り換え  

マンション購入時に組んだ住宅ローン。(→
その際、35年という長期ローンなので、年1回の”繰上返済”と同時に、
”借り換え”も少しは視野に入れておこうと、夫婦で話し合っていました。
一般的な借り換え検討の目安は、”残額1千万円以上、金利1%以上の差”とのこと、
うちのローン残額はその何倍もあるので、金利の動向だけに注目していました。

今年の1月頃、夫から”そろそろ借り換えを考えようと思ってる”と話があり、
借り換えをする銀行やローンの組み方等について、じっくり話し合い、
手数料を含めても、借り換えした方がいいことがわかったので決行しました。

私もできる範囲のことをしようと思い、必要な書類等を集めたりしたけれど、
ローンを組むのは夫なので、当然、本人しかダメということの方が多く、
夫は有休や半休をとって、動いていました。

ローンの契約日には、私も一緒に銀行へ。
借用書類に実印を押す夫を横で見ながら、夫が毎月稼いでくれるお金を
今現在と将来のために、バランス良く大切に使っていこうと、改めて誓いました。
 

<今までのローン>
 ・35年ローン
 ・半額を20年固定(利率2.7%)
 ・半額を変動(利率1.075%)
 ・元利均等返済

<借り換え後…前のローンから4年後>
 ・20年ローン
 ・10年固定(利率1.15%)
 ・元金均等返済

2月に仮審査、3月に本審査、4月に融資実施。 
借り換え手数料には、繰上返済のための貯金の一部をあてました。
「元金均等返済」にかえたので、「元利均等返済」程の繰上返済の効果はないけれど、
何とか10年固定のうちに返済したいので、利息軽減のためではなく、
10年完済を目指すために、今まで通り、繰上返済も続けていこうと思う。
スポンサーサイト

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。