自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドライニングスタンド  

花粉症なので、この時期は、洗濯物の外干しを避けています。
洗濯機の乾燥機能は、かけられない衣服も多いし、
浴室乾燥は使いすぎると、電気代が跳ね上がるので、基本は室内干しです。

昨年までは、能率の良い室内干しができなかったので、
今年は、室内干しグッズの購入を検討していました。

室内干し1
”タオルが(できればバスタオルも)沢山干せ、軽くて、折りたためて、
見た目がすっきりしたもので、高価すぎない”という条件でみつけたのが、
この『RORETS ドライニングスタンド』です。

室内干し2室内干し3
もちろん、浴室に置ける大きさというのが、絶対条件でした。
梅雨時には、浴室乾燥のお世話になることも多いだろうし。

室内干し4室内干し5
扉の開閉を妨げないことや、バスタブの中にも置ける大きさというのも良かった点。

室内干し6
使わない時は、洗濯機の横に置きたかったので、色は白を選びました。
折りたたむのもスムーズだし、片手で楽々持てる軽さ!


湿度計
今の時期は、まだ乾燥しているので、
湿度を確認してから、リビングに干すことがほとんど。

リビング干し
リビングのインテリアとしては、ちょっと見苦しいけれど、
室内干しの能率は良くなったので、かなり満足できる買い物でした♪
タオル類ばかり干しているけれど、太いパイプ部分にはハンガーをかけられます。
短めの丈のシャツ類なら、床にすれることもないです。
スポンサーサイト

category: 買い物

tb: 0   cm: 8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。