自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アウトドア  

爽やかなお天気だった昨日、
夫の会社行事、家族同伴のバーベキュー大会へ。

河川敷1
場所は府中市の多摩川河川敷。
都内とは思えないくらいの自然豊かな場所で、
五月の風とまぶしい太陽の光をいっぱい浴びました。


河川敷2
足がパンパン…でも心地よい疲れの帰り道。
昨晩は、日付が変わる前に就寝。

category: 訪れる

tb: 0   cm: 4

柿の葉すし  

奈良に住む友人が送ってきてくれた柿の葉すし。

柿の葉寿司1
柿の葉寿司2柿の葉寿司3
優しい味の酢飯の上にのる鯖と鮭…とても上品な味の柿の葉すし♪
友人お勧めの”柿吉”という女性職人の小さなお店のもの、とのこと。

忙しくも楽しかった大阪の職場で、
同じ時間を共にした友人との色々な思い出に浸りながら、
帰りの遅い夫を待ちきれず、一足先に美味しく食べました。

category: 夕食

tb: 0   cm: 4

しっかり朝御飯  

朝ご飯
出かける用事があった今日は、いつもより、しっかりめの朝御飯。
軽食で出かけてしまうと、帰り道がとても危険!
美味しそうなものが目につき、その誘惑に負けてしまうから。

category: 朝食・ひとりごはん

tb: 0   cm: 6

風呂敷  

風呂敷1
沢山持っている風呂敷。
自分で買ったのは、左上の緑の1枚だけで、
旅行や帰省時に、服などをまとめる小物として愛用。

ところが、ここ数年、何故か風呂敷をもらう機会が多く、
急に数が増えたので、もう少し気軽に、
日常生活に取り入れたいと思い、ネットで検索。


風呂敷バック1風呂敷バック2
ちょうど、郵便局に行く用事があったので、早速風呂敷を利用。
裏返しにして折り、両端を結び、ひっくり返して・・・

風呂敷バック3風呂敷バック4
荷物を入れて上を結ぶ。”真結び”なら、ゆるまないし、ほどくのも簡単。
ちょっと重さのある荷物だったけど、とても持ち易かった。

この風呂敷の素材はレーヨン100%、綿100%のものでも試してみたけど、
生地に張りがありすぎる…?即席バックはちょっと作りにくいように感じた。
綿の風呂敷は綿の風呂敷で、きっと相応しい使い道があるんだと思う。
風呂敷について、もっともっと知りたくなった。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 6

他にもいっぱい  

GW中の1日は、年末以来の大掃除にあてるつもりが、
結局、手を付けたのは、浴室だけ。

エプロン外し
エプロン部分を外し、
排水溝などの細かい所を中心に
夫と2人でゴシゴシ磨きながら、
もう少しマメに掃除しなきゃと反省。

浴室
見えない部分まで、きれいになって、気持ちもすっきり!
でも、ベランダ掃除や衣替え・・・
他にも気になる家事がいっぱい。

category: 掃除・収納

tb: 0   cm: 2

想う  

今日は、祖母の四十九日。
遠く離れた東京で、祖母のことを想いながら、
静かに1日を過ごしました。

祖母がいなくなってからも、今までと変わりなく、
日常生活の中で、自然と祖母のことを思い出す日々。

祖母のことを考えるだけで、涙が出る事もあるけれど、
日ごとに強くなっていく感謝の思い・・・
祖母がいつも見守ってくれている、
そんな不思議な安心感でいっぱいになる時さえあります。

これが、心の中で生きてるってことなのかな。
もしそうだとしたら、とても嬉しい。

category: 家族に関するひとコマ

tb: 0   cm: 4

益子焼の器たち  

昨日出かけた、益子陶器市で買った器のいろいろ。

●フリーカップ
フリーカップ
頂き物のビアカップが1つ割れてしまったので、
機会があれば、欲しいと思っていたもの。夫のセレクト。

●マグカップ
マグカップ
カフェオレをよく飲むので、陶器のマグカップも仲間入り。
早速、使ってみたら、持ちやすくて、口当たりも、とてもいい。
ただ、内側に小さなヒビ?を発見・・・これも味ということで。

●湯呑み
湯のみ
来客用の湯呑みがなくて、しまった~という事が何度かあったけど、
これでやっと安心できる。このツートンカラーは夫のお気に入り。

●銘々皿
銘々皿
和菓子用の適当なお皿が以前から欲しくて。
理想にぴったりの、鈍い焦げ茶でざらっとした質感。

●小鉢
小鉢
薄い水色と少し高めの高台に惹かれて。
小鉢は他に2種類持っているので、2つだけ購入。

●蕎麦猪口
そばちょこ
様々な用途で使えそうな器。
土のぬくもりが伝わってくるような素朴感。
今回買った器の中で、一番のお気に入りかも♪


元々手持ちの数が少ない和食器。
だからと言って、余分な物を買い過ぎないように、
事前に食器棚とよく相談し、当日もかなり吟味して買った器たち。
大切に使っていこう。


<おまけ>
陶器市では、お買い得品が見つかるとは聞いていたけれど、
今回私が出会った器の価格は・・・
一番高かったのが、フリーカップの500円台。
小鉢は400円台、マグカップは200円台。
それ以外の器は200円以下でした。ホントびっくり!

category: キッチン道具・食器

tb: 0   cm: 6

陶器市  

益子陶器市へ、出かけました。
GWで駐車場がすぐにいっぱいになるとのこと、
9時前には現地へ着くよう、6時半過ぎに出発。

おにぎり
朝早く出かける時は、たいていお握りを持っていき、
サービスエリアで休憩がてら、車の中でパクリ。


渋滞もなく、予定通り、益子町へ入ると、
屋根に青いビニールシートをかぶせ、重りを置いた家が
多く目に付き、今回の地震の被害の大きさを物語っていました。


陶器市1 陶器市2
益子焼の陶器や窯も地震で、かなりの被害を受けたため、
今回の陶器市は期間が短縮されたそうですが、
沢山の人が訪れている、そんな印象でした。

窯1窯2
初めて見る登り窯。この窯は、年に2回使用してるそうです。


陶器市3
お店の数が多いだけでなく、益子焼らしい物は、一体どれ?と思うくらい、
色も形も手触りも様々な物があり、お気に入りの陶器を探すのも一苦労。
でも、夫と一緒に、楽しみながら、色々なお店を見て回りました。

明日は、家でのんびりしながら、買った陶器の入れ場所を決めようかな。



<おまけ>
益子町を出たのは、15時過ぎ。
帰るにはまだ早いからと言って、夫が車を走らせた先は、”牛久の阿弥陀大仏”。
牛久の大仏1大仏2
その大きさには確かに驚いたけど、奈良の大仏と比較されている説明文を見て、
う~ん…歴史的価値は全く違うんだけどなぁと、苦笑いしてしまった私でした。

category: 訪れる

tb: 0   cm: 4

小さな鯉のぼり  

こいのぼり1 こいのぼり2
昨年もらった、友人作の陶器でできた、かわいい鯉のぼり。
じ~っと見ていると、まるで、口から風が通り抜けているよう・・・

こいのぼり飾る
季節感のあるインテリアを心がけたいけれど、
常設してるプリザーブドフラワーが、鯉のぼりを邪魔してる?!

category: お気に入り

tb: 0   cm: 4

久々の美術館  

昨日は、マンションの友人とお出かけ。

レンブラント
メインは、国立西洋美術館で開催中のレンブラント展。
エッチングという技法の版画作品が多く展示されていて、
刷る紙によって、版画の表情が変わることがよくわかった。
レンブラントは、和紙で刷った作品を一番好んだそう。
油絵でも版画でも、レンブラント独特の”光”と”影”は、やっぱり美しい。

西洋美術館1西洋美術館2
西洋美術館の前庭にあるロダンの彫刻、「地獄の門」「考える人」。


老舗の洋食屋さんでランチした後、
お天気がもちそうだったので、根津神社の”つつじまつり”へ。
根津神社1つつじ1
つつじ2根津神社2
沢山の丸いつつじがとても可愛い。
京都の伏見稲荷大社を思わせるような、赤く並んだ鳥居。


いなむらしょうぞうチョコケーキ1
「ゆっくり楽しんでおいで」と言って送り出してくれた夫へのお土産は、
私もずっと食べてみたかった”イナムラ ショウゾウ”のドームショコラ。

西洋美術館→根津神社→日暮里・・・歩くこと7キロ弱。
足の疲れがとても心地よい、盛り沢山の1日でした♪

category: 観る・聴く・会う

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。