自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

住宅ローンの借り換え  

マンション購入時に組んだ住宅ローン。(→
その際、35年という長期ローンなので、年1回の”繰上返済”と同時に、
”借り換え”も少しは視野に入れておこうと、夫婦で話し合っていました。
一般的な借り換え検討の目安は、”残額1千万円以上、金利1%以上の差”とのこと、
うちのローン残額はその何倍もあるので、金利の動向だけに注目していました。

今年の1月頃、夫から”そろそろ借り換えを考えようと思ってる”と話があり、
借り換えをする銀行やローンの組み方等について、じっくり話し合い、
手数料を含めても、借り換えした方がいいことがわかったので決行しました。

私もできる範囲のことをしようと思い、必要な書類等を集めたりしたけれど、
ローンを組むのは夫なので、当然、本人しかダメということの方が多く、
夫は有休や半休をとって、動いていました。

ローンの契約日には、私も一緒に銀行へ。
借用書類に実印を押す夫を横で見ながら、夫が毎月稼いでくれるお金を
今現在と将来のために、バランス良く大切に使っていこうと、改めて誓いました。
 

<今までのローン>
 ・35年ローン
 ・半額を20年固定(利率2.7%)
 ・半額を変動(利率1.075%)
 ・元利均等返済

<借り換え後…前のローンから4年後>
 ・20年ローン
 ・10年固定(利率1.15%)
 ・元金均等返済

2月に仮審査、3月に本審査、4月に融資実施。 
借り換え手数料には、繰上返済のための貯金の一部をあてました。
「元金均等返済」にかえたので、「元利均等返済」程の繰上返済の効果はないけれど、
何とか10年固定のうちに返済したいので、利息軽減のためではなく、
10年完済を目指すために、今まで通り、繰上返済も続けていこうと思う。
スポンサーサイト

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 4

マンション購入記⑮~住んでみて  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘ
マンション購入記⑦~現地調査?!
マンション購入記⑧~部屋選び
マンション購入記⑨~抽選結果
マンション購入記⑩~真夜中の電話
マンション購入記⑪~残り物には訳がある?!
マンション購入記⑫~住宅ローン
マンション購入記⑬~オプションあれこれ
マンション購入記⑭~内覧会への心構えの続きです。


このマンションに住んで2年半、生活してみて感じたこと。

●騒音
私が一番気になっていたマンションの前の幹線道路。
やっぱり、昼夜問わず、車の音はかなりうるさめ。
ガラスが二重サッシなので、窓を閉めると静かだけど、
自然の風を浴びたい季節もあるので、その時はうるさくても窓全開。
2年半住んでも、騒音にはなかなか慣れない…

●窓からの景色
うちのベランダは、隣に建つ家具屋さんの屋上とほぼ同じ高さ。
新築マンションで、周りの建物と比べて微妙な高さの階の部屋は、
実際に建って部屋に入るまで景観がわからないのが欠点だと思う。

●東向き
悪くないというのが、現時点での感想。
昼間はもちろん、夕方も思っていたより明るい。
夏の昼間の強い日差しがリビングに入ってこない。
冬は、午前中しかリビングに日光は入ってこないけれど、
それほど寒さは感じない。(マンションは戸建てと比べると冬は暖かいから?)

●建具・フローリングの色
床1床2
4種類からセレクトできるはずが、私達の買う時期が遅かったため、
もう色が決められていた状態。クッションフロアーの色もグレーに決まっていた。
私達の中では第二希望の色だったから、それなりに気に入っているけれど、
濃いブラウンのフローリングは、とにかく埃がとても目立つ色!
2~3日掃除をサボると、かなり大変な状態。

●独立したキッチン
キッチン2
リビングからキッチンの生活感が見えにくいところがお気に入り。
でも、来客があった時などは、私がキッチンに立つと、会話するのも一苦労。
平日の夜、夫がご飯を食べている間に、鍋やフライパンだけでも洗うために
私がキッチンの方にいくと、夫が1人でご飯を食べているような孤立状態。
キッチン1キッチン3
ツーウェイで使いやすいけれど、一長一短を感じる独立型。

●納戸
納戸
間取りを見た時は、特にありがたみも感じなかったけれど、
住んでみると、とてもありがたい空間の1つ。(過去記事→
いらない物を置くだけの空間にならないように年に1回は見直し。

●マンションの住人
夫が入っていた、このマンションの購入者のコミュニティ。
色々な情報を交換するうちに親しくなり、今でも仲良くしている友人達。
同じマンション内で親しくし過ぎて、何かトラブルがあったら…と、
最初は私の中で、ちょっと不安があったのも事実だけど、
心地良い距離感のお付き合いができる人達ばかり!
とても心強くて、ありがたい存在。

●夫の意見
第一印象通り、とても気に入っているとのこと。
ただ、このマンションの南側は、低層階でも見晴らしがいいので、
欲を言えば、南向きの部屋がよかったらしい。
因みに、夫の一番のお気に入りはちょっと広めのお風呂。

*****

ベランダからの眺めが良いマンション、周りに自然がいっぱいのマンション、
おしゃれな街に建つマンション、タワーマンションの高層階・・・
素敵だな、いいなって思うマンションは沢山あるけれど、
結局は、自分達の身の丈に合った物件を選んだんじゃないかと思う。

これからも無理せず、身の丈にあった暮らしを楽しみながら、
時には、周りの人達から、素敵な暮らしのヒントももらいつつ、
私達のペースで、毎日を大切に過ごしていきたい。

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 6

マンション購入記⑭~内覧会への心構え  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘ
マンション購入記⑦~現地調査?!
マンション購入記⑧~部屋選び
マンション購入記⑨~抽選結果
マンション購入記⑩~真夜中の電話
マンション購入記⑪~残り物には訳がある?!
マンション購入記⑫~住宅ローン
マンション購入記⑬~オプションあれこれの続きです。


マンションの内覧会の時期が決まった頃、夫から一冊の本を渡されました。
●『良質なマンションを手に入れるために』(村上健著)
※同時に参考にしたブログ→”健さんのマンションアドバイス

永く住む予定の家なので、内覧会には専門家の同行を考えている。
だからといって、専門家だけに任せっきりにせず、
自分達も出来る範囲で勉強しようとのことでした。

本を読んだ私は、問題のあるマンションがけっこう多いことに驚きました。
住んだ後に大きな欠陥に気付いたら、かなりのトラブルになる…
気を引き締め、戦闘態勢のような気持ちで当日を迎えました。

当初夫は、この著書の方に同行を頼むつもりで連絡をとっていたのですが、
私が東京に行ける日程とどうしても合わなかったため、断念しました。
(『村上さん』は、夫婦で住む家だから2人一緒に内覧会に参加するべきという考えの方で、
私達もその意見に賛成だったので、今回の断念は致し方ないという方向で納得しました)
結局、内覧会に対しての考え方が『村上さん』と似ている専門家の方を探しました。


当日は、施工主・売り主・専門家の方、私達夫婦の計5人で部屋に入り、
私達夫婦は、おもにキズなどの見てわかる箇所、
専門家の方は、水周りの排水管やマンションの基礎工事の図面など、
素人ではわかりにくい箇所を中心に丁寧に見てくれました。
時間にして、3時間程でした。

その日のうちに、専門家の方からメールがきて、
安心して買える建物ですとの返事が来ました。
その理由も詳しく書かれていました。
目に見える箇所よりも、構造や配管などの目に見えない箇所の方が
夫も私も気になっていたので、ちょっと安心することができました。

価格は5万円・・・
私達にとって決して安くはない値段だったけれど、
専門家の方に同行をお願いしてよかったと思っています。

---⑮に続く---

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 8

マンション購入記⑬~オプションあれこれ  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘ
マンション購入記⑦~現地調査?!
マンション購入記⑧~部屋選び
マンション購入記⑨~抽選結果
マンション購入記⑩~真夜中の電話
マンション購入記⑪~残り物には訳がある?!
マンション購入記⑫~住宅ローンの続きです。


新築マンションには、有料でプラスすることができる仕様、
いわゆるオプションがあります。
水周りの防カビコーティング、エコカラット、UVカットガラスフィルム、
フロアコーティング、バルコニータイルなど、他にも沢山…
オプション会に出かけて、その種類と数の多さにびっくり!
これ全部つけたら、一体いくらになるんだろう?

そんな中、うちがつけたのは、ほんの数点。

●玄関扉のインターホンカメラ。
カメラ
玄関に来るまでに2つのオートロックドアがあり、
そこにカメラがあるから必要ないかなぁと一瞬迷ったけれど、
いざ生活してみたら、いきなり玄関前のインターホンが鳴ることも、
けっこう多くて、やっぱりあると安心できるなぁと思った。


●食洗機。
食洗機
即決!毎日、私の片腕として働いてくれる頼もしい相棒。


●換気扇のクリーンフィルター
レンジカバー
妹に勧められて付けたもの。
元々付いている換気扇のフィルターをはずし、
クリーンフィルターとそれに合う枠をセットしなおす。
フィルターの汚れ具合をみると、やっぱり付けてよかった。
でも、やっぱり基本はマメな換気扇の掃除かも…


●食器棚。
食器棚1
ちょっと迷ったオプション。
いまだに、これがよかったのかわからない悩ましいもの?!
対面キッチンではないため、リビングから食器棚は見えないので、
見た目すっきりよりも、使い易さを第一にじっくり考えて、
色々なメーカーの物をみてから決めるのも手だったかなぁと…

<良かったところ>
 ・余分な隙間がないので、倒壊等の心配がない
 ・キッチン側の棚の色と同じ
 ・すっきりしたデザインが好み
 ・思った以上に収納力がある
 ・ゴミ箱スペースも確保されている
 
<イマイチなところ>  
食器棚2
 ・真ん中のスペースの高さがけっこうあり、
  上の空間部分まで十分に活用できない
 ・この場所で炊飯器が使えない(蒸気が逃がせない)


ギリギリまで迷い、結局つけなかったオプション。
●バルコニータイル
 必要だと思った時に、又考えようと保留。
 生活して、うちには必要なかったと実感。
 立地上、バルコニーが砂で汚れるため、掃除がけっこう大変!
 タイルをひいていたら、どんなに掃除が大変だったんだろうと思う。

●フロアーコーティング
 ”キズがつきにくい、水をこぼしてもはじく、効果は10年”という
 キャッチフレーズにとても惹かれたけれど、値段がかなり高くて断念。
 コーティングすると床がピカっと光るのにも抵抗が…
 ダークブラウンの床が光るのは、あまり好みじゃないのも踏み切れなった理由。
 住んでまだ2年半なので、断言はできないけど、見送ってよかったかな。
 ただ、私達夫婦は大雑把なので、キズがついてもちょっと水跡がついても、
 それも家の歴史ということで、あまり気にしない性格というのが大きいかも。
 
 
付ければよかったと思うオプション。
●洗面所の下側の鏡をタイル貼りに替える
洗面所鏡
モデルルームで見た時、”おしゃれだけど、うちは必要ないな”って思ったけれど、
いざ生活してみたら、タイル貼りにしたかった~と、たびたび思ってしまう。
というのも、洗面所を使うたびに下側の鏡に水滴が飛び、気付くと白い水跡があちこちに!
朝洗面所を使った後と、お風呂からあがった後に、きれいにふくことが私の日課。
ふくことに集中しすぎて、お気に入りの陶器の石鹸置きを割ってしまった苦い経験も…
遠い将来、リフォームなんて話が出たら、迷わずタイル張りにしたい。

---⑭に続く---

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 8

マンション購入記⑫~住宅ローン  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘ
マンション購入記⑦~現地調査?!
マンション購入記⑧~部屋選び
マンション購入記⑨~抽選結果
マンション購入記⑩~真夜中の電話
マンション購入記⑪~残り物には訳がある?!の続きです。


マンションの契約が済み、とりあえずはホッとしたけれど、
これから先長期に渡って返済し続けるローンのことを考えると、
浮き足だった気持ちばかりではいられませんでした。

ローンに関しては、夫が詳細を調べ、いくつかのパターンをあげ、
それを私も一緒に検討するというやり方でした。
ネットや本で調べても様々な考え方がある上、どれも一長一短があり、
自分達にとって何が正解なのかはわかりませんでした。

当時は、「フラット35」の優遇金利の下げ幅も低く、
散々悩んだ結果、以下のローンを組みました。

 ・35年ローン
 ・半額を20年固定(利率2.7%)
 ・半額を変動(利率1.075%)
 ・元利均等返済

返済総額の低さから考えると「元金均等返済」にしたかったけれど、
最初の数年の月々の返済額を考えると、ちょっと無理でした。
ただ、繰上げ返済の効果があるのは「元利均等返済」の方なので、
その長所を活かすということで、ここは割り切りました。
そしてまずは、最初の10年間の繰上げ返済を目標にしました。

その目標を達成するために、夫と話し合ったこと。
 1.大きな出費となりがちな海外旅行は10年間しない
 2.海外旅行をしない代わりに、日帰り旅行や国内旅行などの
   小さなご褒美を、家計のバランスをみながら、たまに楽しむ
 3.毎日の生活の中で、お互いの趣味や好きなことを大事にしながら
   本当に必要なものを見極め、できるだけシンプルに暮らす
 4.目標が達成できたら、11年目にちょっと贅沢な海外旅行をする

少し先の生活スタイルの展望が見えたことは、ちょっとした安心感にも繋がりました。

---⑬に続く---

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 6

マンション購入記⑪~残り物には訳がある?!  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘ
マンション購入記⑦~現地調査?!
マンション購入記⑧~部屋選び
マンション購入記⑨~抽選結果
マンション購入記⑩~真夜中の電話の続きです。


午前2時の電話。夜型の夫は起きていました。
”あれからずっと考えてたんやけど、勧められた部屋を買おう。
 予算オーバーした分は私が出すし、明日契約に行っておいで”

しばらく沈黙が続いた後、夫は”そんなことできない”と…
”一生懸命貯めたお金を自分の希望を満たすために使わすことはできへん。
 そのお金は、自分のために大事に置いとき”とのこと。

私には、その言葉だけで十分でした。
”私が、そのお金を今ここで使いたいねん。
 これ以上気に入る物件はみつからへん気がするって言ってたやん。
 そんなこと言わんと、明日、契約に行っといで”

次の日、夫は朝一で契約に行きました。
その数十分後に、抽選落ちした他の人からも契約したいとの連絡があったそう。
結果的には、タッチの差で購入できることになりました。


改めて、マンションの住戸販売状況を確認すると
私達が買うことになった間取りは、同じ東向きの中でも、
売れ残っている割合が高いことがわかりました。
間取り
玄関、洗面室、浴室、台所をちょっと広めにとってる上、納戸付き。
そのため、㎡数の割には、部屋があまり広くない・・・
つまり、お得感を感じにくい間取り。残り物には訳がある?!

とは言っても、私達にとって、このマンションに住むための
最後の1部屋であったことは確か・・・

”このマンションを買えるってわかった時は、ホント嬉しかったよ”と
3年経った今でも、たびたび口にする夫を見ていると、
残り物には『訳』ではなく、『福』と『縁』があったんだとつくづく感じています。

---⑫に続く---

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 4

マンション購入記⑩~真夜中の電話  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘ
マンション購入記⑦~現地調査?!
マンション購入記⑧~部屋選び
マンション購入記⑨~抽選結果の続きです。


夫と電話を切った後、すぐに間取り集を確認しました。
『北東の角部屋、85㎡の3LDK』
やっぱり、思っていた通りの部屋でした。
価格を見たら、けっこうな予算オーバー。これは無理!

無理だと思っているにも関わらず、
その数分後には、計算機をたたいている私がいました。


その時の私達は、半年後に結婚式と新婚旅行を控えていました。
これらの費用は、折半しようと随分前から話し合って決めていました。

それぞれの残った貯金の使い道・・・
夫の方は、全て家の費用にあてるからと私に言ってました。
私の方は、新生活のいざという時のために置いておくつもりでしたが、
このことを夫には話していませんでした。


私が計算していたのは、この置いておくつもりの金額。一体いくら残るんだろう?
貯金通帳とにらめっこしながら、何度も何度も慎重に計算しました。

”いける!”と確信した瞬間、夫に電話をかけました。
時刻は午前2時。抽選落ちの連絡をもらってから6時間が経っていました。

---⑪に続く---

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 4

マンション購入記⑨~抽選結果  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘ
マンション購入記⑦~現地調査?!
マンション購入記⑧~部屋選びの続きです。


抽選日の前日に、倍率は3倍との連絡がありました。
抽選に行った夫の話によると、抽選は公開でとても厳正に行われていたとのこと。
立会人の元、何も入ってない抽選機を確認し「1」「2」「3」と書かれたボールを入れる。
そして、部屋を申し込んだ順番で、ガラガラポンッ。当たりは「1」。

私は大阪で夫からの連絡を待っていました。
1回目の抽選結果「2」・・・はずれ。

次の抽選で、このマンションを買えるかどうかが決まる!
気もそぞろの1週間でした。

*****

そして2回目の抽選日。倍率は又しても3倍。
土曜の夜8時過ぎに夫から電話がありました。
”あかんかった、また「2」番ではずれ。ごめんね”

ガックリきたけど、夫には明るい声で、
”仕方ないよね。予定通り、埼玉のアパートに住みながら
 ゆっくりと新しい物件を探していこう”と言いました。
”うん…だけど、もうこんなに気に入る物件は、みつからへん気がする”
いつもはプラス思考の夫も、かなり落ち込んでいました。

その後、夫が、”そう言えば、別の部屋をどうですかって勧められたわ。
もちろん、予算オーバーやから断ったけど”とポツリ。
『抽選日に申込者がいなかった部屋は、先着順住戸として一般販売する前に、
 とりあえず、抽選落ちした人に声をかける』そんなシステムのようです。

一体、どんな部屋だったんだろうと、ちょっと気になったので、
夫に聞いてみたら、”同じ東向きで、確か、北側にも窓があった”と。

買える買えないに関わらず、間取り集を穴があくほど眺めていた私は、
その部屋がどの部屋なのか、すぐにわかりました。

---⑩に続く---

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 4

マンション購入記⑧~部屋選び  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘ
マンション購入記⑦~現地調査?!の続きです。


私達が買うことにしたマンションの南側には大きな公園と川があります。
南側の日当たりと景観は、この先ずっと保証されるだろうということで、
南向きと東向きの部屋では、1坪あたり43万円の価格差がありました。

私達の希望する部屋は、70㎡台の3LDK。
予算内で買える南向きの部屋は、全て売れていました。

東向きの部屋は、南向きと比べるとお得感があるためか、
ほとんどの部屋が売れていたのですが、
予算内で私達の希望を満たす部屋が4件だけ残っていました。

ところが、その4件とも先着販売ではありませんでした。
 ・そのうちの3件…第5期2次販売住戸として来週末の売り出し
 ・残り1件…………第5期3次販売住戸として再来週末の売り出し

しかも、どの部屋も既に希望者がいるので、抽選はほぼ確定とのこと。

そこで、以下の方針でいくことにしました。
 ・3件のうちから1件を選んで申し込み、来週の抽選結果を待つ
  ↓
 ・抽選落ちした場合は、残りの1件に申し込み、再来週の抽選結果を待つ
  ↓
 ・両方の抽選に落ちた場合は、予算内で買える部屋は残っていないので
  当時夫が住んでいた埼玉県の賃貸(2DK)に住む

     
夫から”好きな部屋を選んでいいよ”と言われたのですが、
選ぶ余地はほとんどないといった感じでした。
そんな中、以下の間取りの部屋を選びました。

○1回目の抽選で申し込む部屋       ○1回目の抽選に落ちたら申し込む部屋
抽選1 抽選2
                                    
抽選結果を待つしかない、ドキドキした日々が始まりました。

---⑨へ続く---

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 4

マンション購入記⑦~現地調査?!  

マンション購入記①
マンション購入記②~条件
マンション購入記③~予算
マンション購入記④~高い!!
マンション購入記⑤~3つの物件
マンション購入記⑥~モデルルームヘの続きです。


<物件A>のマンションを買おうと決めたものの、
私の中では、”周りの環境”が少し引っかかっていました。
 ○交通量の多い幹線道路沿いの建物なので、騒音がかなりひどそう
 ○駅からマンションまで、その幹線道路沿いを歩くけど、夜道が怖そう

以上の2点を自分自身で再確認するため、次の週も東京に向かい、
再度<物件A>のモデルルームを訪れ、担当者に聞いてみました。
 ○騒音→全ての窓が複層ガラスなので、ある程度は騒音を防げるだろう
 ○夜道→女性スタッフも沢山いるけど、駅までの夜道は比較的安全に思う

ちょっと安心したけれど、営業担当者は立場上プラス面しか言えないだろうから、
自分の目でも確かめる必要があると思い・・・

 ○夜遅くに<物件A>の最寄駅まで行き、建設地まで歩いた
   ↓
  周囲にマンションが多いためか、思った以上に人通りが多い

 ○駅近くにある交番に行き、マンション周囲の治安を聞いてみた
   ↓
  都内の様々な場所で勤務された経験豊かなお巡りさんで、
  「私の経験上、安全な場所だと思うよ」とのこと

 ☆騒音は実際に住んでみないとわからないけど、
  夜でも交通量が多いため、覚悟は必要だなぁという印象
 
ある程度納得し、すっきりした気持ちになれたので、
次の日、夫と2人で部屋の申し込みに行きました。

---⑧へ続く---

category: マンション購入記

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。