自分サイズの暮らし

何気ない日常の暮らしを気まぐれなペースで綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

帰省日記(2013年秋)その4~行きたかった場所、高野山  

帰省したら、絶対行きたかった場所、高野山。
高野山のお寺で、眠る祖父母のお参りがしたかったからです。

今年の夏に、祖父の17回忌と祖母の3回忌の法要があったけれど、
術後まだ日が浅かった私は、体調がすぐれず、大阪に帰ることができませんでした。
祖父母が大好きだったので、今回の大きな法事に参加できなかったことがとても悲しく、
快復したら、必ず、高野山まで手を合わせにいこうと決めていました。

高野山
高野山に行くのは初めてです。
ちょうど、各沿線の乗車駅から高野山までの1dayチケットが出ている期間だったので、
こちらを利用しました。 妹にも声をかけたら、OKだったので、2人で出かけました。


電車
片道3時間以上かかるので、ちょっとした小旅行です。
”極楽橋”駅からケーブルカーに乗ったら、やっと”高野山”駅。

生前から信仰深かった祖父と祖母。
”高野山まで行ってくるよ”と言う祖父母を、”いってらっしゃい”と手を振って
見送っていたけれど、こんな遠い所まで来ていたんだなぁとしみじみ・・・

高野山1
祖父母が眠っているのは、このお寺。 おじいちゃん、おばあちゃん来たよ!!

高野山2
静寂な雰囲気のとてもきれいなお寺だったので、安心しました。
祖父と祖母の位牌に手を合わせ、お経もあげてもらいました。

精進料理
食事もできるお寺なので、こちらで精進料理を頂きながら、
妹と、祖父母の思い出話をいっぱいしました。

高野山3
みどころは沢山あるけれど、今回はあまり時間がなかったので、
”奥之院”にだけ足を運びました。それでもかなり歩きました。

高野山4
歴史上有名な人物のお墓が沢山あります。 知らなかった・・・
無知で来るには、あまりにももったいない場所なんだと痛感し、深く反省 ><

高野山5
下界よりも一足早い紅葉は、もう終わりかけとのことでした。
歴史をしっかり勉強して、又いつか来よう。
高野山はとても広いので、できれば、1泊してゆっくり観たいな。


ごま豆腐1ごま豆腐2
高野山でどうしても買いたかった、”濱田屋”のごま豆腐。
祖父が高野山に行ったら必ずお土産に買ってきてくれたからです。
私は、このごま豆腐が大好きでした。
豆腐の色が少し白っぽくなって、中のケースが変わったように思うけれど、味は昔と変わらず。
祖父を知らない甥っ子・姪っ子達に、祖父のことを話をしならが、皆で食べました。


朱印1
忘れず、御朱印も頂きました。 (御朱印集め →

朱印2
祖父母が眠るお寺では、”押印が薄かったので、ずらしてもう1回押していいですか”と
聞かれたので、”お願いします”と答えました。たまたま2つになっただけかもしれないけれど、
私は、祖父と祖母2人が”見守ってるよ”と言ってくれてるんだと思っています *^^*

category: 帰省

tb: --   cm: --

初詣と御朱印集め  

今年の初詣は代々木八幡宮へ。

神社1
3連休の半ばという、ちょっと遅めの初詣。

神社2
1月半ばだから、参拝者は少ないかなぁと思ったのは間違い。

列1列2
本殿の右脇奥にある出世稲荷社には大行列が!
私達の目的もこちらだったので、覚悟を決めて並びました。

神社3
2時間半並んだので、お参りできた時には、日が暮れていました。
夫も私も、頑張ったことが少しでも形になる年になりますように・・・



10年程前に始めた”御朱印集め”は、寺社を参拝する際の楽しみの1つ。
(『御朱印』とは、寺社で頂ける墨書・押印をした印のことです)
朱印1
無宗教の私だけれど、御朱印自体がとても美しいし、後で見返すと、
日記がわりの様にその日のことを思い出せるのも、いいなぁと思っています。

朱印2
この日の御朱印。
納経所へ行き、御朱印帳を渡すと、その場で書いてもらえます。
(料金は、ほとんどの寺社が300円でした)
御朱印帳を忘れても、別紙で御朱印をもらうことができます。

私の御朱印帳は、奈良の興福寺で買ったもの。
秋生まれということもあり、紅葉の表紙がお気に入り。
旅先でふいに寺社に立ち寄ることもあるので、
旅行の時にも、できるだけ忘れずに持って行きます。

category: 訪れる

tb: --   cm: --

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。